プロポーズの日にプロポーズ大作戦してください

こんにちは!しょうこです。

プロポーズって、人生の中で脳内に強く印象に残る瞬間じゃないでしょうか?

ちなみに、私は2度結婚してますが、

1度目は別れ際の駅の改札で。

2度目は深夜のコタツで。

って感じでした。

どちらも鮮明に記憶に残ってます。

私の場合、2度とも、相手が衝動的にプロポーズしてきた感じなので、

ムードも何もなかったですが(笑)

前もってレストラン予約して、花束用意して・・・セリフ決めて・・・

みたいなロマンティックなプロポーズのシーンに憧れたりしますね。

TVなんかで見ると、「い~な~~♪」とホッコリします。

結婚を望んでいて、彼氏のいる女性は、いつでもプロポーズを心待ちにしているんじゃないでしょうか?

実は、プロポーズに最適な日があるんです!

プロポーズの日??

女性が憧れる男性からのプロポーズには、記念日があるって知っていましたか?

なんとそれは6月の記念日としてあるんです!

ソノ気になってきている彼の背中を後押ししてくれそうなイベントになるかも♪

6月と言えば、ジューンブライドの月でもありますよね。
女性ならば、この月に挙式をしたいと考える方も少なくないのではと思います。

せっかくなので、プロポーズの日の由来やイベントについて調べてみました。

1. プロポーズの日はいつ?

日本ブライダル協会が、1994年に6月の第一日曜日をプロポーズの日にしようと決めました。

日にちが決まっているわけではないので、毎年日にちは変わります。

2017年は6月4日が第一日曜日なので、この日がプロポーズの日になります。
ちなみに2016年は6月5日でした。

毎年日にちが違うので、プロポーズの日にプロポーズを考えている男性は要注意です。

2.プロポーズの日の由来は?

6月の英語”june”は、ギリシャ神話に登場する結婚の女神”juno”の守り月が6月であることから来ています。

欧米では、6月に結婚をする女性は、junoに守られて幸せになるという言い伝えがあり、

気候も良いので結婚式を挙げるカップルが多いそうです。

junoの守り月である6月に、プロポーズをすると成功し、幸せになれるということから、
日本では第一日曜日がプロポーズの日になりました。

日本ブライダル協会はプロポーズに勇気が出ない男性のきっかけになれば良いという願いや、

プロポーズの記念日を忘れないようにという思いから、この記念日が制定されたそうですよ。

男性の背中をグググっと押しまくって欲しいですね!

3.プロポーズの日関連のイベントは?

“全国プロポーズの言葉コンテスト”が開催されています。
2007年よりプロポーズの日に開催されています。
2016年にも開催されており、最優秀賞のプロポーズの言葉は

『私がお婆ちゃんになっても手を引いて一緒に山に登ってくれますか?』

だそうです^^
女性が考えたプロポーズの言葉ですが、なんだかホッコリしてしまいますよね。

2017年もプロポーズの言葉コンテストは開催されるので、興味がある方は応募してみましょう!
締め切りは2017年5月17日(日)です。

4. “プロポーズの日”の由来やイベントのまとめ

これまでの内容をまとめました。
・ 日本ブライダル協会がプロポーズの日を6月の第一日曜日に決めた。

・ プロポーズの日は男性にプロポーズのきっかけを作って欲しい、プロポーズ記念日を忘れないで欲しいという思いから制定された。

プロポーズの日に愛の告白や、思い出に残るプロポーズ・・・

なんて素敵ですね。

そして、年内にゴールイン!!

といきたいですね^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セラピストとして施術を通じて、これまでに1500名以上のクライアントと向き合ってきました。

身体をほぐすお仕事をしながら、心をほぐす大切さにも気づきました。

ただ話をするために来てくれていたお客様も多く居て、ほとんどのクライアントの悩みは、人間関係からのストレスが大きく、
パートナーとの関係性、人間関係の難しさ等、身近なところにストレスの原因があるな、と実感しました。

心をほぐす思考法や、愛のあるライフスタイルを実現する方法を伝えて、悩む女性をもっともっと減らしたい!との思いで情報発信をしています。

プライベートでの私は、2人の娘を連れて離婚し、シングルマザーをしていました。

仕事と育児と家事に追われる毎日の中、
娘の一言で【再婚】という選択肢を意識するようになり、

時間のない中で、恐る恐る婚活をスタートしてみました。

30代の子持ちの婚活シングルマザーの誕生です。

夜に家を空けられないし、平日は仕事。
家事も育児もしている私には自由な時間がほとんどありませんでした。
当然デートもできません。

周りを見れば圧倒的に不利な状況でしたが、
理想的な夫と出逢い、再婚しました。

そして、新たな命の誕生もあり、
5人家族となりました。

今は、こども達の笑顔と共に、身も心もストレスを感じることなく

愛のある充足感に包まれるライフスタイル

歩めるようになっています。

「もう恋愛で泣きたくない!!!」

そんな女性へ向けて、実践的ノウハウあり、戦略、マインド、ブログやYouTubeでは公開しない(できない?)赤裸々なお話等々。
読者様限定のプレゼントや秘密の企画等も不定期に行っています。

下記からぜひ無料登録してください。

読んでみて必要がなければ
ワンクリックで登録解除できますので、
お気軽にどうぞ^^

⇩ 登録はこちら ⇩ 

脱!涙恋愛。ストレスフリーライフ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする