恋愛テクニックやノウハウを集めてもモテない理由はたった一つ

こんにちは!元シングルマザーのしょうこです。

恋愛テクニック、ありますか?
それ、使ってますか??

今って情報の時代なので、いっくらでもノウハウが手に入りますね。
もちろん、本もたくさん発行されてますし。
とりあえず検索すれば、多くの情報が溢れています。

恋愛テクニック系ノウハウを使えばモテるのか

恋愛テクやノウハウって、すごく魅力的で、
魔法のパワーを手に入れた気になれて、それはそれでいいんですけどね。

  • こうすれば男は喜ぶ!
  • こんなしぐさに弱い
  • 結婚したいのはこんな女性
  • 男が好きなファッションTOP5

等々。

モテようとこのようなノウハウを追い求めて、丸暗記して実践しても、なかなか成果が出ない。
こんな事ありませんか?

これって、どうしてでしょうか?

ノウハウ通りに動いたのに、相手にされなかったり、
次回のお誘いが無いままフェードアウト・・・。

じゃあ、場数踏めばイケルのか!!!

というと、そうでもない。

確かに、1どの実践よりも10度の実践の方がそのノウハウがうまくいきやすくなるでしょう。

それは、ノウハウを使いこなせているのではなくて、
男性慣れしてきた、

ということと、

その恋愛テクニックが身についてきて、

自然と、無意識レベルでその行動をとる人思考に近づいているから、
と考えた方が良いでしょう。

まぁ、残念なことに、

数打ちゃ当たる!

ってものでもありませんから。

ノウハウの正しい使い方

なぜ恋愛テクを覚えて実践してるのに、モテないのか。

それは、そのノウハウの正しい使い方を知らないからです。

もっと言えば、間違っているという事さえあり得る。

逆に、正しい使い方さえ知っていれば、
数打たなくても、好きな人に好きになってもらえる確率はグ~~~ンと上がりますよ。

大切にされることも難しくはないんです。

じゃあ、正しい使い方って何???
ってなりますよね。

そりゃあ、そうです。ハイ。

では例えば、

いろんな恋愛テクニック本や、男性にアンケートを取った結果等を参考に、

【男好きする女】になりきったとしましょう。

セミロングで、少し茶髪で、厚化粧はせず、すっぴん風メイクを研究し、
ワンピースを着て、笑顔を絶やさず&聞き上手&気が利き&優しくて&上目遣い&アヒル口を必死でし、
食べすぎず、呑みすぎず、お会計時には財布を出し、終電までにお開きにする。

みたいな。

いや、まあね。
確かに、悪い印象は持たないですよ。
むしろ「いい子だな」と好感は持ってくれるかもしれません。

でも、ハッキリ言って

可もなく不可もなく

て印象しか残らない。

だってね、巷にあふれている情報をみんなと同じように身につけても、
その他大勢のうちの一人。
でしかないんですよ。

似たような女子が量産されていくだけ。

でもって、ノウハウを丸暗記してデートに挑んでも、
相手にはあなたの良さは伝わらないわけですよ。

真面目で一生懸命なのは悪くないけど、
恋愛で勝てるスタイルではない。

恋愛ノウハウよりも大事な事

さっきの例をみて何か感じましたか??

あれって、意識は全て「自分」に向けられているんですよね。

  • 彼に見せたい私
  • 彼に好かれる私
  • 彼に選ばれたい私

「選んで~~選んで~~~私を選んで~~~~」

っつって。

そうじゃない!!!><

と。

彼目線で見ましょうよ。
その彼をちゃんとリサーチしましょうよ。

で、その恋愛テクニックとやらが
「テクニック」と言われている理由
を知ろうとするべきなんですよ。

なぜ、聞き上手が良いのか。
なぜ、告白するよりもされる方が良いのか
なぜ、デートは自分からお開きにするのか
なぜ、
なぜ、
なぜ、
なぜ、

・・・・・・・・・

このように考えていくと、
物事の本質が見えてきますよ。

本質が見えれば、テクニックとかあんまり関係ないです。
でもって、近道です。

そして、結果的にその本質を知ることが、結局は自分の為になるんです。

なんか、テクニックばかりを追っている人や、
本、雑誌、記事が多くて、

そこじゃないよな~~~、と思ったので、記事にしました。

では!

PS.
上目づかいやアヒル口は、
そもそも男性がその女性を「可愛い」と思ってる女性からでないと効果ナシです。
でもって、テクニックとしては弱すぎます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう2度と失恋しないための
メールマガジンを配信しています。

メールマガジンでは、

ブログでは話せないような、
話したくないような、、

コアな情報を読者様限定で配信しています。

メルマガ登録時のプレゼントや
読者様限定企画等もあります。

興味のある方は下記よりどうぞ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする