母だって人間です。でもって女です。それが何!?

こんにちは!元シングルマザーのしょうこです。

シングルマザーの再婚って難しいでしょうか??
そんな事無いですよ。

ぜんぜん難しくはない。

再婚よりも、恋愛そのものの方がが難しい気がしてます。

それは、世間からの目。
私は、世の中の「母」に対する圧力?を感じてます。

「母親のくせに」

って言葉。
なんだそれ。

母は女であってはいけない???

逆でしょ。
女だったから母になったんでしょ。

もっと言えば、アノ行為をしてなければ母にはなれないわけでしょ。

母親なんだから、もっとしっかり。。

とか、そういうの多い。

母なんだから、一生母親としてこどもの事だけ考えて生きていくべき

みたいな。

私は、3児を育てる母ですが、
いまだに虫は全面的に苦手です。

G(ゴキ)が特に大嫌いすぎて、
部屋に現れた時にこどもを置いて一目散で逃げ出したことがありますよ。

もちろん、反射的に逃げてしまったわけで、
すぐに「こっちに来なさ~~~い!!!!!」と叫んでましたが。

まあ、万が一Gに子供が襲われても、大した被害ではないですし。苦笑

でも、きっとそんな時も、

「母親のくせに。」

と言われがち

何なんだろう。この風潮。

確かに、子供の事を愛しているし、
こどもを守るためなら命だって惜しくないくらいには愛しています。
大切な大切な宝物です。

でも、母も人間です。
母も恋していいやん。

母が女であってはいけないなら、きょうだいなんてできないよ。

「母」というのは、にくっついた「母」という肩書ですよ。

何が言いたいのか、というと、

シングルマザーだって恋をしてもいい。
ただ、「母」の肩書を持っている女、として。

だから、シングルマザーの人が恋愛するなら、
この肩書を理解してくれる人じゃなきゃ成り立たない。

この肩書は外せないから。

この肩書を外して恋愛だけに突っ走ることがいけないのであって、
恋愛はどんどんすればいいと思いますよ。

これをごちゃまぜにして、

母が女になってはいかん!!

のように考える必要はないって事です。

批判する人は何してても批判しますよ。

そこに焦点を当ててもなんの意味も無い。

自分の人生。すべては自己責任です。
何が起こっても自己責任。

心底そう思えたら楽ですよ。

どこかの誰かに批判されるのが怖くて
自分らしい人生をあきらめる、っておかしい。
誰かのせいにしても、苦しいだけ。
他力本願は悪ですね。
自分の事は自分で決める。

幸せになるもならないも自分次第だと覚悟しちゃった方が人生楽です。

そんな風に生きられるようになって、
私はずいぶん救われました。

自分を救う方法が分かったし、
子供たちを守る勇気を持てるようになった。

がハッキリしました。

そんなことを話してます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セラピストとして施術を通じて、これまでに1500名以上のクライアントと向き合ってきました。

身体をほぐすお仕事をしながら、心をほぐす大切さにも気づきました。

ただ話をするために来てくれていたお客様も多く居て、ほとんどのクライアントの悩みは、人間関係からのストレスが大きく、
パートナーとの関係性、人間関係の難しさ等、身近なところにストレスの原因があるな、と実感しました。

心をほぐす思考法や、愛のあるライフスタイルを実現する方法を伝えて、悩む女性をもっともっと減らしたい!との思いで情報発信をしています。

プライベートでの私は、2人の娘を連れて離婚し、シングルマザーをしていました。

仕事と育児と家事に追われる毎日の中、
娘の一言で【再婚】という選択肢を意識するようになり、

時間のない中で、恐る恐る婚活をスタートしてみました。

30代の子持ちの婚活シングルマザーの誕生です。

夜に家を空けられないし、平日は仕事。
家事も育児もしている私には自由な時間がほとんどありませんでした。
当然デートもできません。

周りを見れば圧倒的に不利な状況でしたが、
理想的な夫と出逢い、再婚しました。

そして、新たな命の誕生もあり、
5人家族となりました。

今は、こども達の笑顔と共に、身も心もストレスを感じることなく

愛のある充足感に包まれるライフスタイル

歩めるようになっています。

「もう恋愛で泣きたくない!!!」

そんな女性へ向けて、実践的ノウハウあり、戦略、マインド、ブログやYouTubeでは公開しない(できない?)赤裸々なお話等々。
読者様限定のプレゼントや秘密の企画等も不定期に行っています。

下記からぜひ無料登録してください。

読んでみて必要がなければ
ワンクリックで登録解除できますので、
お気軽にどうぞ^^

⇩ 登録はこちら ⇩ 

脱!涙恋愛。ストレスフリーライフ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする