★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆

 

プロフィール②セラピスト&恋の悩み0になるまで

~~自分語り~~

私がセラピストになるまで。

その後、恋愛がうまくいくようになり、
愛されながらスムーズに結婚できるようになるまでの
経緯を まとめました 。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家族構成

1979年の冬に私は生まれました。

仕事人間の父。
ひたすら優しい母。
8つ年上の姉、
4つ年上の兄、

末っ子として、とても可愛がられていたと思います。

歳の離れた姉の影響で、
幼稚園の頃から
トレンディドラマを見たり、
恋愛もののドラマが大好きな、
すこしおマセな子供でした。

姉の影響で、

マッチがかっこいいとか、
中山美穂が可愛いとか、
ダブル浅野に憧れる~~とか、

言ってました。(^^;

同年代の友達でも

「?????」

となるような発言だったようです。笑

小学生の私が感じた恐怖

そんな私が小学4年生の時、
父親が倒れました。

出張で静岡に行っていて、
会議中に心臓発作を起こしたんです。

連絡を受けた母は、
不安が隠しきれずに、 うろたえていました。

母一人で静岡へ行き、
子供三人で数日間のお留守番。

「お父さんは死んじゃうんじゃないか・・」
「シンキンコウソク?!心臓が止まったって!?」
「どうしようどうしよう・・・」

あまりにも不安過ぎました。

ですが、その後父は、
周囲の対応の素早さのおかげで命を取り留め、
元気に帰ってくることができました。

すごく元気に帰ってきて、
こっちがびっくりするぐらいでした。

前と違っていたのは、
頭が真っ白になっていたこと。

心臓が止まって、
一気に白髪が増えたみたいです。

小学生だった私は、とにかくお父さんが生きてくれていることが
嬉しくて嬉しくて、たまらなかったです。

父の変化と娘の気持ち

心筋梗塞から、仕事人間だった父親の行動が
ガラリと変わりました。

前までは、

土日は家にいないのが当たり前。

子供が寝てる間に仕事へ行き、
子供が寝てから帰ってくる。

運動会や参観日には来たことがありません。

近所付き合いも進んでしないし、

家族でお出かけも、めったにない。

いつも、母と子供3人。

四人で過ごすことが多かったです。

ですが、
心筋梗塞で一命を取り留めてから、
父は家族と過ごすことが増えてきました。

とはいっても、
末っ子の私が小学四年です。

兄は中学生。
姉はもう18歳です。

ずっと家にいなかった父親と
今更「遊びたい」とは思わない年齢です。

だから、父が「週末どこかに行こう!」と言っても、
着いて行くのは、母と私だけでした。

子供ながらに、
「なんか切ないなー・・・」

「お父さん、さびしいやろうなー・・・」

と思ったことを覚えています。

そんな父の変化の数ヶ月後、
会社から単身赴任の辞令が出ました。

私は
「お父さんは子供が3人もいるのに、
一人で離れて暮らすなんて、寂しすぎるでしょ」

と言って、
「ついていきたい!!!」
と言いました。

頭の中では、父と二人暮らしをする妄想ばかり
していました。

(お料理ができるようにならないといけないな)
(掃除も洗濯も私がしないと)
( 転校生ってどんな気分かなー)
(友達できるかな)

そんなことを思いながら、
着いていく覚悟がしっかりできていたんですが、

やはり、却下されて、
父は単身赴任をしました。

家族みんなで、単身赴任先への引っ越しを手伝った後、
父だけをおいて家に帰るのが、
悲しくて悲しくて、

でも素直に泣けなくて、
ずーーっと手を振る父の姿を鮮明に覚えています。

さらに家族を襲う悲しいできごと

母と子供3人で平日過ごし、
週末には単身赴任先から毎週帰ってくる父。

そんな生活が始まって数年後、

母の糖尿病が見つかりました。

母の勤め先の健康診断で見つかったのです。

しかも、状態がかなり悪く、
【即入院】でした。

病気知らずで、寝込んだことのない母が
いきなり入院だなんて、

ショックだったけど、
父の病気のことがあったから、
妙な免疫ができていたのか、

すごく冷静だったのを覚えています。

当時の私は中学2年生。

父は単身赴任だし、
母は入院してるし、
子供三人で数ヶ月間、生活しました。

私の中学は給食がなかったから、
姉がお弁当を入れてくれることになりました。

お昼ご飯は、姉のお弁当と、学校で買うパン。
半々くらいでした。

周りはほとんどの子がお弁当だったし、
「お母さんが入院してて・・・」
て言うと、

【かわいそうに】
って目で見られるのが嫌で、

すごく親しい子以外には黙ってました。

そういえば、

1度、姉のお弁当に衝撃を受けたことがありました。

私のお弁当箱は2段だったんですが、

1段目はご飯。
2段目がおかず。

そのおかずが、
コロッケで埋めつくされていたんです。

2つに切ったコロッケが4切れ。
つまり、コロッケ2個。

+ふりかけも何も無いただの白ご飯。

以上。

フタで隠しながらお弁当を食べました。
恥ずかしかったですね、あれは。。

姉も、妹と弟と3人で過ごす事に
負担が大きくなっていってたんでしょう。

当然姉に何も言いませんでした。

文句を言えるような状況でもないし、立場でもない。

今思えば、
「自分で入れなさい!」
とも思うんですが、

末っ子なもんで、
根っから他力本願なところがあったんでしょうね。。
「誰かが何とかしてくれる」という強い強い思い込み。

その後も母は入退院を繰り返していました。

最長で半年間の入院もしました。

ちょうどその時に私の成人式があったんです。

母は、着物の気付けができるんですが、
「私が着付けをしたい!」と言いました。

でも病院側は退院させてくれなかったので、
仕方なく。。。

朝一で母の病室に着物を持っていき、
母に着付けをしてもらいました。

早朝の病棟に
振袖の女の子がいるなんて、、

すれ違う人にはかなりビックリされました。笑

看護師さんたちは事情を知っていたので、
たくさんの人に「おめでとう~^^」って言ってもらえて
嬉しかったです。

ちなみに、

糖尿病って、
2種類あって、

1型糖尿病と2型糖尿病があります。

世間の糖尿病の多くは、
2型糖尿病で、
「生活習慣病」と言われていますが、

母は1型糖尿病で、
どうしてなるのかはっきりとしていません。

遺伝でうつるものでもないんです。

母は、私が結婚するときに、
相手や、相手の両親に自分の病気の話をします。
「これは、遺伝しない病気なんです」
と。

つまり、

娘である私(しょうこ)にも、
いつか生まれてくるかもしれない孫にも、
うつることはないから安心して

という事が言いたいんでしょう。

胸が痛くなります。

1日3回、365日。
自分の体に注射器で投薬しています。

もう、何年になるんだろう。。

これが一生続くんです。

一生治らない病気だから。

この病気と一緒に生き続けるしかありません。

意識もうろうとなり、救急車で何度運ばれたことか…。
もう数えきれません><

ややこしい病気なんですよ、ほんと。

こうして両親の健康が損なわれていく姿を見て、
【健康の大切さ】
を嫌でも考えることになりました。

両親の病気から私が起こした行動

病気の両親のおかげで?

介護の仕事に興味がわき、

ホームヘルパーの資格とったりもしました。

でも、日常で目にするのは、

むくんだり、
身体がダルかったり、
どんどん体力が落ちていく母の姿。

たまにマッサージすると、すごく喜んでくれるし、
「ラクになった~~~~♪」
って言われるのが嬉しくて、

「私の手を使って、疲れている体を楽にしてあげたい」
という思いが強くなっていきました。

それで、セラピストになったんです。

他のお仕事も色々したけど、

なんだかんだ結果的に、セラピストの仕事を1番長く続けてました。

私には向いていたのかもしれません。

今も実家に行くと母にマッサージをします。
身体に触れるコミュニケーションって、

お互いのぬくもりが伝わるから
良いものです^^

セラピストになってからの変化

家族が一人でも体調不良だったりすると

心が落ち着かないし、心配で、
居心地悪くなっちゃうじゃないですか。

今、私にはこどもがいるけど、

子供が風邪ひいて寝込んでるときなんか、
「変わってあげたいけど、どうしようもない・・嗚呼(;;)」

って思うし、

体調がすぐれていないと、
楽しいものだってちゃんと楽しめないんですよね。

生理痛がひどい時って、
意識はとにかく

「腰イテー」
「頭イテー」
「おなか重ーー」
「骨盤ダルーーー」

ってなりますよね。

とにかく全然楽しめない。

そんな状態が続くと思ったらゾっとします。

私はあまり生理痛がない方ですが、
それでもたまに生理痛があると、
めっちゃブルーになります。。

で、セラピストとしてたくさんの方とかかわっていく中で、
新たな発見があったんですよね。

【心と体は繋がっている】という感覚。

心が元気じゃないと、体もダルくなるし、
身体が元気じゃないと、心も低下する。

という、シンプルで当たり前のような気づき。笑

心の元気をキープ出来たら、
身体も一緒に活力UPするやん!
と。

そう思って、私自身を思い返してみたわけです。

私って、

・恋愛体質で、彼氏に依存しちゃうなー

・彼氏に依存してる時の心の不安定感がしんどいなー

・こんなしんどいんだったら好きにならない方が良かった、

・私を安心させてくれる人とならしんどくならないのにな、

・「相手の気持ち確認」ばっかりに意識が向いてて、自分に自信が持ててないよー

・心底溺愛されてる!!って思えたらラクなんやろなー

・・・・・

とツラツラと考えてみました。

で、答えが見つかりました!

私は心配症で、すぐ不安になるし、
自分に自信が持てなかったから、

だから彼氏に依存してたんです。

それなら、
パートナーから愛されまくり、
溺愛されまくり、
大切にされまくったら、
私はしんどくないやん!と。

真逆の、
「私が好きだから、それでいいの!」

みたいな恋愛だと、
ずーーーっと心が満たされません。

私からの【好き】よりも
相手の【好き】の方が大きい状態。

それが1番心地いい。

そういうわけで、
【溺愛されて、大切にされまくる恋をしよう!!】

と恋愛をベースにした心理学を学び始めるに至りました^^

恋愛がうまくいくと、
本当に悩みが激減します。

病気を引き起こす最大の敵!

“ストレス”

からも解放されます。

元々恋愛体質だった私にとって、

恋が上手くいくようになってからの

すべての充実度が段違いに上がったんです。

友達といても楽しいし、

家族といても楽しい。

いつどんな時も、
彼からの安定した「愛情」に不安がないから、

充実した時間を過ごせるようになりました。

前までの私なら、

友達といても、彼氏からの連絡を気にしたり、

常に「彼氏ありき」で生活していた気がします。。。

ほとんどの人が、
私ほど彼氏依存ではないと思いますが、

恋する女性は少なからず相手に依存してしまうと思うんですよね。

でも、恋愛の本質、人の心の動きを理解できたら
パートナーからたっぷり愛されるようになるので、

充実した自分の時間を、今よりも大切に出来ます。

恋がうまくいくようになると、
自然と人間関係全般がうまくいくようになるので、
その影響もあるかもしれませんが。

ストレスの種は人それぞれ違うけど、

恋愛体質だった私にとって、

恋の悩みが消え去ったことは人生を変えるほど

大きな事です。

ストレスになっているものを自覚して、

そのストレスを消すための努力。

これが当時の私にとって、恋愛を学ぶ、という事でした。

学んでから、

2度結婚し、
3人子供を産み、

色々と状況は変化してきましたが、
「学んでよかった」としか思いません。

今も、新しい知識を学ぶことは続けています。

昔とは悩みの種類が変化しているけど、
世の中知らない事だらけで、楽しいです^^

私の知識や経験が、

今現在悩んでいる誰かの役に立つなら、、

と思いながらこのサイトを更新しています♡

こちらもおすすめ^^↓

恋愛初期から、離婚&再婚も赤裸々公開

ブログランキング・にほんブログ村へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恋愛下手だった私が、

恋愛で苦しい思いや辛い思いをすることを
完全消滅させ、

ストレスフリーな日常を手に入れるまでの
物語を
公開しています。

 

「愛」と「ストレスのない自由な心」があって、
毎日笑って生きられるように、

何を想い、何を学んできたのか。

Love&Freeを求める女性へ
お役立ち情報をお伝えしています♡

 

プレゼント詳細&メール通信は下記から▽

mail-opt

※メール通信の登録解除はいつでも2秒でできます。


ご相談やメッセージお気軽に♪

シェアする

フォローする