梅ジュース最高!レシピ公開

こんにちは!しょうこです。

梅ジュースって知ってますか?

梅の濃い甘い原液を作って、その原液を水や炭酸で割ってジュースにします。

(うちでは梅シロップと呼んでいます)

私は、知らなかった・・というか飲んだことが無かったんですが、

再婚し、義母からいただいて飲んでみたところ、

美味しくて美味しくてドハマリしました^^

子供達も大好きで、夏の定番になってます♪

ジュースとして飲む以外にも、

濃い目に作って凍らせたり、ヨーグルトに入れたり、

とにかく美味しい!!

しかも、余計なものが入っていないジュースなので、

健康にも良いですし♪

義母は梅ジュースも梅干しも自分で作るんですが、

夫は「おかんの梅干しが結局1番ウマイ」と。

だいたいの男性はマザコン的な一面がありますよね~(笑)

というわけで、

梅ジュース(梅シロップ)のつくりかた

梅ジュースを作る時期は5月上旬頃です。

お酒が苦手な方にも、ジュースならおすすめですね。

作り方も簡単なので、お子さまと一緒につくるのも楽しいと思います。

梅ジュースを作る時の梅は、まだまだ青々としていますが、

梅酒とちがって青い時につけるのがベストです。
日が経つと青みがとれてきて少し黄味がかってきます、

甘みは出ますがつけるとドロッとしてしまい、梅シロップをつくるのには適さなくなります。

5月下旬には黄味がかってしまうので、購入したらすぐ作るようにしてください。

青々としてるものを選びましょう。

作りかた

[用意するもの] びん4Lか5Lの場合です。

  • 青梅 1㎏、
  • 氷砂糖 1㎏
  • 竹串
  • びん

青梅と氷砂糖は 1 : 1 です。

①びんを煮沸消毒します。
熱湯をびんに入れて、びんを回して全体を消毒します。お湯をすてたらキレイな乾いた布巾の上に逆さにして完全に乾かします。保管するために殺菌は必要なので、煮沸は必ず行ってください。

②青梅を洗います。流水を流して洗うのがおすすめです。1個1個丁寧に洗います。(洗剤は使いません)

③水気を切ります。きれいな布巾で1個1個完全に水気をふきとります。水分が残るとカビの原因になるのできれいにふきとってください。少し手間はかかりますが、この作業は丁寧に行ってください。

④梅のヘタをとります。竹串で1個ずつヘタをとります。くるんと種の周りをなぞるととれます。ヘタをとるとえぐみがなくなります。金属は梅と相性が悪いので、必ず竹製を使います。
気をつけたいのは、ヘタをとる前に洗っておき、乾かしてください。ヘタをとってから洗うと水がたまってしまう可能性があります。

⑤冷蔵庫で凍らせます。梅酒とちがう工程が凍らせることです。チャックポリやビニール袋に入れて密封して、冷凍庫で一晩凍らせます。凍ると梅の繊維が破壊されてエキスが出やすくなります。

⑥びんに青梅と氷砂糖を交互に入れます。びんに青梅を底にかるくしきつめるくらいに入れたら、その上に氷砂糖を入れます。その上に青梅、氷砂糖、青梅を交互に入れていき、最後に氷砂糖が上になるように入れます。

⑦保管、毎日びんをゆすって動かす。気温差のない冷暗所におきます。毎日びんをゆすって氷砂糖をとかします。1ヶ月くらいで完成します。梅は取り除いてください。

⑧殺菌してアクを取り除きます。
鍋にうつしかえて、沸騰しない低温で、15分くらい加熱してアクをとります。完全に冷ましてから、びんにうつしかえて、冷蔵庫で保存します。
飲み方は、原液シロップなので、3~4倍に薄めていただきます。

1年ほど保存ができるので、次の梅ジュース作り時期まで楽しめますよ。
梅は健康にも良いのでとてもおすすめです。

でひ、お試しあれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛され続ける女性になるためのメールマガジンを配信しています。

メールマガジンでは、

ブログでは話せないような、
話したくないような、、

コアすぎる企画や情報を読者様限定で配信しています。

メルマガ登録時に2大プレゼントがあるので、興味のある方は下記よりどうぞ^^

 

こちらからも登録できます。お気軽にご登録ください。↓
※メールマガジンの登録解除はいつでも2秒でできます。
▽▽▽

・恋愛を結婚へと進化させるた方法をまとめた電子書籍
・愛され続ける女性になる♡特別動画セミナー
プレゼント中!


ご相談やメッセージをこちらでもお気軽に♪

友だち追加

シェアする

フォローする