パラサイトシングルへの心の変化

こんにちは!しょうこです。

年々増加しているらしいパラサイトシングル。
私の姉もまさにパラサイトシングル︎︎で親と実家で暮らしています。
ずーーーっと。
一人暮らしもした事がない。

仕事バリバリで、
身に着けているものは
それなりのハイブランドだったりします。
私の母は、
「ああいうのは男性に引かれる」
てよく言ってました。
男性から見て、
<お金がかかりそうな女>
ってたいてい敬遠されるからです。

いつの時代も。
姉が結婚しない間に、
妹である私は
結婚し、出産し、
離婚して・・・
さらには再婚した。

自分の身なりに使うお金なんてないっ><




両親も、姉が30歳前後の頃は、
「結婚しないんやったら、一人暮らしでもしーや」
「いい人おらんの?」

とか言ってたらしいけど、
今はもう言わないんだって。

言っても何も変わらないから。



年老いていく両親にとって、
子どもが一緒に暮らしてくれているだけで
安心する部分があるのかもしれない。


うちの両親はケンカが多いし、
父は手がかかる大きい子供みたいな人で、
母はストレスがたまる!たまる!!
母にとっては、姉が話し相手になってくれて
ずいぶん発散できるんだと思います。
姉にとっても、仕事の愚痴を聞いてもらったりして、
なんだかんだ楽しくやってます。


そんな様子を、
「共依存やんっ!」
て思って見ていたこともありました。


仕事から帰ったら、あったか~いご飯が出てくる。
脱いだ服は洗濯されて、畳まれて帰ってくる。
お風呂掃除しなくても、いつもお風呂が沸いている。



私はシングルマザーで仕事もして、
家事も子育ても全部してるしさーー
親に甘えすぎちゃう??
と毒づいてたこともありました。


まー、それは私の偏った見方ですね。
でも、でも・・・。
同じ女として、何だか・・・
何とも言えない残念な気持ちになってました。



姉にとっちゃあ、
放っといてくれっ!怒

て感じだろうけど。


でも、時が経つと共に、
両親も年老いていくわけで。

きっと姉はもっと身近に両親の老いを見てるだろうから、
出て行くにも出て行けない。

て思っているのかもしれない。

覚悟をもって実家に居てくれているのかもしれない。

妹であるわたしにとっては、
姉が親のそばに居てくれる事を、
ありがたく感謝する金地に変化していきました。
もし姉が実家から出て行ったら、
今よりもっと実家に顔出して両親の様子見ないと!
ってなるだろう。
車で片道1時間・・・。
遠くないけど近くもない。3人の子供を連れて・・・?

結局、

「姉に感謝・・・。」
てところに気持ちが落ち着きます。

パラサイトシングル
これからもどんどん増えていくんだろうな。

ラクしたいだけの甘えた子供ばかり!!

というのは否定しようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セラピストとして施術を通じて、これまでに1500名以上のクライアントと向き合ってきました。

身体をほぐすお仕事をしながら、心をほぐす大切さにも気づきました。

ただ話をするために来てくれていたお客様も多く居て、ほとんどのクライアントの悩みは、人間関係からのストレスが大きく、
パートナーとの関係性、人間関係の難しさ等、身近なところにストレスの原因があるな、と実感しました。

心をほぐす思考法や、愛のあるライフスタイルを実現する方法を伝えて、悩む女性をもっともっと減らしたい!との思いで情報発信をしています。

プライベートでの私は、2人の娘を連れて離婚し、シングルマザーをしていました。

仕事と育児と家事に追われる毎日の中、
娘の一言で【再婚】という選択肢を意識するようになり、

時間のない中で、恐る恐る婚活をスタートしてみました。

30代の子持ちの婚活シングルマザーの誕生です。

夜に家を空けられないし、平日は仕事。
家事も育児もしている私には自由な時間がほとんどありませんでした。
当然デートもできません。

周りを見れば圧倒的に不利な状況でしたが、
理想的な夫と出逢い、再婚しました。

そして、新たな命の誕生もあり、
5人家族となりました。

今は、こども達の笑顔と共に、身も心もストレスを感じることなく

愛のある充足感に包まれるライフスタイル

歩めるようになっています。

「もう恋愛で泣きたくない!!!」

そんな女性へ向けて、実践的ノウハウあり、戦略、マインド、ブログやYouTubeでは公開しない(できない?)赤裸々なお話等々。
読者様限定のプレゼントや秘密の企画等も不定期に行っています。

下記からぜひ無料登録してください。

読んでみて必要がなければ
ワンクリックで登録解除できますので、
お気軽にどうぞ^^

⇩ 登録はこちら ⇩ 

脱!涙恋愛。ストレスフリーライフ







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする