長女の質問から生まれた母の不安と意気込み

こんにちは!しょうこです。

きのう、長女が「ベーシックインカムってなに??」

と聞いてきました。

「!!!!!!?????」

難しい質問せんとって!汗

うまく説明できない!!!

という事で、娘に説明できるようにお勉強しました。

せっかくなので、備忘録として残しておきます。

ベーシックインカムとは

政府が国民の生活を最低限保障するため、
年齢、性別関係なく一律で現金を給付するしくみのことです。

現在日本の社会保障制度は、
何か特定の事情が発生したときに給付される形で実現されています。

健常で労働が可能な人は基本的に社会保障制度の給付対象にはなりません。

なのでまだベーシックインカムは実現していません。

たとえば、

65歳を迎えると年金

失業すれば失業保険

生活できない人には生活保護

があります。

病気になると健康保険から大部分の医療費が給付されるのも社会保障の一環です。

なので誰もが平等に給付を受けられる制度ではありません。

なにか特別な事情があったときにだけ受けられる制度です。

ベーシックインカムはこれらの事情は一切考慮されず
全ての人が平等に給付を受けられる制度になっています。

ベーシックインカムのメリットは

一見話を聞く限りでは夢のような話に感じます。

労働による所得の有無を問わないので、支給される最低限の生活保障よりも豊かな生活を送ろうと思えば働くことに制限はありません。

逆に支給額で生活ができるのならば働く必要はなくなります。

つまりメリットとしては、
生活苦から無理な残業をしたり、待遇が不利な非正規雇用でも働きつづけたりする問題から
解放されるということです。

勉強やボランティアなど自身が望む時間の使い道ができるということです。

仕事をしなくても自由に暮らせるということです。

ベーシックインカムのデメリットは

国を滅亡しかねないと考えられることです。

デメリットに対する批判は

財源の問題、労働意欲問題、経済的競争力の間に分かれます。

ベーシックインカムは大きな変革ですが、財源確保に課題も残し、
その効果が未知数であるのは否めません。

私の個人的な意見は入れていません。

小学生に伝わるようにまとめると

ここまで難しく書きましたが、
小学生でもわかるように簡単にまとめてみますと。

現在の日本では何か特別な事情があったときにだけお金を補助される制度があります。

たとえば、体が動かせなくて働けない場合や、突然仕事を失ってしまった人、
65歳になるとお金がもらえる制度があります。

これを、特定の人だけでなくすべての人に平等にお金を補助する制度が考えられています。

このように、すべての人にお金が渡れば、
大変な思いをして仕事をしなくても生活ができるということです。

勉強や趣味などに時間を当てられることもできるのです。
しかし、まったく仕事をしないというのはどうでしょうか?

働くという意欲、競争力、お金のありがたみまでも失ってしまうことにもなります。

人としてダメになってしまう可能性もあります。

このような考えにより、ベーシックインカムの取り入れをできないのも事実なのです。

これからの日本の未来も、住みやすく、よりよい日本になることを願いたいです。

PS.

長女に、ベーシックインカムを教えるぞ!と

気合入れて小学生にも伝わるように紙とペンを出して説明しました。

けど、かーなーりー面倒くさそうにされた上に、

「ふ~~~ん。」

の一言。

オオオオオオオオオオオィ!

ま、そんなもんやわ。笑

私は、この日本、けっこうヤバイな・・

と感じてます。

個人的意見としては、

今後、えげつない事になる気がする。

日本にはお金がないし、超高齢化。

なのに、見栄っぱり。

イキイキしている大人が少ない??

目が死んでる?

病んでる?

活気ある他国に追い越されていくんじゃないか、と。。。

友人に中国人ママが居ます。

その友人と話していると、すごいパワーをもらうんですよね。

日本人へのダメ出しもされますが、
その通りすぎて何も言えない。汗。

子供達がこれからも生きていくであろう日本。

子供たちにとって、良い国であって欲しいです。

とはいえ、国のせいにしてもどうにもならないので、

「自分の人生は自分の責任」

「自分の幸せは自分でつかむ!」

という気持ちで、人生を楽しめる人に育てていかなきゃな、と思いました。

では!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう2度と失恋しないための
メールマガジンを配信しています。

メールマガジンでは、

ブログでは話せないような、
話したくないような、、

コアな情報を読者様限定で配信しています。

メルマガ登録時のプレゼントや
読者様限定企画等もあります。

興味のある方は下記よりどうぞ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする