オルソケラトロジー知ってます?魅力的すぎる!

こんにちは!しょうこです。

小学校で眼科検診したんですよ。

で、長女と次女が2人ともひっかかったので、

いよいよヤバイな・・・

と焦りました。

眼科へ行くと、「まだメガネは必要なさそうなので、様子をみましょう」
といわれて少しホッとしました。

DSで遊ぶし、TVも見るし。携帯もたまに見る。

現代っ子はそりゃあ、目が悪くなるわ・・・

と思いながらも、まだ成長途中なので、
親の責任でもあるので、反省もしました。

そんなママ同士の会話のなかで、魅力的すぎる初耳ワードを知ったので、紹介します^^

目が悪い人多いって

目の近親や乱視でお悩みの方はたくさんいます。

今ではさまざまな治療法があります。

しかし目の手術と聞くととても怖いものを想像してしまいます。

そこで安全だというオルソケラトロジーという治療法はどういうものなのか、調べました。

オルソケラトロジーってなに?

オルソケラトロジーは夜間寝ているときにレンズをつけて、
日中は裸眼で過ごせるという治療法です。

とても簡単にできます。

寝ているときなので、何かに支障がでることがありません。

近年主流のレーシック手術はレーザーを照射し近親や乱視を矯正することが可能ですが、
元の状態に戻すことはできません。
元に戻せないということは、たとえば白内障になった際、手術をうけます。

でも、レーザーを過去に行ったことで、目のレンズがずらすことができず、
白内障の手術を行ったあと視点が合わなくなってしまうこともあるのです。

やたら眩しくなって、夜でもサングラスを手離せなくなる、
という話も聞いた事があります。

しかし、オルソケラトロジーはレンズを付けることをやめれば元の状態に戻りますので
安全性の高い治療と言えます。

一生ではないことです。

オルソケラトロジーをオススメできる年齢層は?

オルソケラトロジーは角膜が比較的柔らかく、
年齢制限により近親矯正手術のできない若い20歳未満の方におすすめです。
スポーツ選手や定められた視力が要求される職業の人たちにも効果があります。
年齢は一般的に小学校高学年からが目安だそうです。

年齢と共に角膜が固くなってきてしまうので、
受けられない方もいます。病院の先生とご相談くださいね。

オルソケラトロジーの寿命は

レンズの寿命は通常の高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じくらいです。

2~3年程度で交換する必要があります。

子供の角膜は柔軟性があるため形状が変わりやすく、
効果がで出やすい上に早く安定するという特徴があります。
子供の場合、最終的には数日に一回の装用でも良好な視力を保てるようになります。

これってかなり嬉しい事ですよね!!

まとめ

近年では、子供がオルソケラトロジーの治療を受けることが増えています。

今オルソケラトロジーで治療を考えてる方は、一度病院へ相談してみてもよいと思います。

レーザーと違って、簡単にできますし、
職業的にレーシックなどの近親屈折矯正手術が困難な方、
精神的に近親屈折矯正手術に不安を感じている方など、
若ければ効果がでやすいのでおすすめです。

残念ながら私の年齢では無理です・・・><

さまざまな近親屈折矯正法の中でも、

角膜を傷つけることなく、
非常に安全な方法で近親と乱視を矯正することができる!!
という画期的な最近の近親屈折矯正法として世界的に注目を浴びているそうですよー^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう2度と失恋しないための
メールマガジンを配信しています。

メールマガジンでは、

ブログでは話せないような、
話したくないような、、

コアな情報を読者様限定で配信しています。

メルマガ登録時のプレゼントや
読者様限定企画等もあります。

興味のある方は下記よりどうぞ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする